「誰でもできる開運法」 東洋五術運命鑑定所

五行易・奇門遁甲方位・相性鑑定であなたを開運に導くメール鑑定

ホームブログ ≫ 綾華の四方山話 ≫

ブログ

綾華の四方山話

〔織田信長と占い〕
あるとき織田信長が庶民の間に占いがはびこるのを恐れて、いかに占いが当たらないかを証明するために、自分と同じ生年月日(当時時間まで合わせたかどうかは不明)の人を探させたそうです。そして、探し当てた人物は、乞食同然の下級武士だったそうです。そこで信長は、「占いが当たるなら自分と同じぐらいの武士であるはず」と言ったそうです。そのときその武士は「今はそうでも、これから先はわからない」と言い返したとか。その後、信長は本能寺の変で、惨殺されました。そのあとの下級武士のことはわかりませんが・・・・
 この生年月日時の同じ生まれの人の違いについては、宿命的要素は似ていても、その人の生まれ育った環境が大きく影響してくるということです。
 親に財産があれば、生活環境は自ずと良くなるだろうし、良い教育も受けられる可能性があります。現に東大生の8割り程の親が高収入だとも聞いたことがあります。たとえ親に甲斐性がなくとも努力して学力をつければ、セレブのご学友になる可能性も出てきます。社会に出ればそのような環境が役立つことがままあります。つまり自分の努力次第で運は開けてゆくということです。

Side Menu

モバイルサイト

東洋五術運命鑑定所スマホサイトQRコード

東洋五術運命鑑定所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!