「誰でもできる開運法」 東洋五術運命鑑定所

五行易・奇門遁甲方位・相性鑑定であなたを開運に導くメール鑑定

ホーム ≫ ブログ ≫

ブログ

綾華の四方山話

「運命学と光」
 
「透派五術」講習会の講師をされておられた、山内久司さん(当時朝日放送で「必殺仕事人」のプロデューサー)が、「この透派五術運命学を学んだ良さは、真っ暗闇でろうそく一本の光を得た様なものだと思う。ろうそく一本の光をどう評価するかは人それぞれだが、私はこのおかげで、玉石混交の放送業界を生き抜いてこられたし、出世もできた」とよく言っておられました。
 カラーコーディネートの先生も、「色は光!光がなければ物体も色も存在しない」と言っておられました。「この世は光と陰でできている。影が万事を形づけ、光がそれを浮かびあがらせる」ともいわれています。
 あらしの夜に転覆しかけた船が、灯台の光で助かることもあります。何かの選択に迷ったとき、ろうそく一本の光による選択で、結果が大きく変わることもあります・・・・
 特に五行易は、日常の様々な出来事から生じることの吉凶の判断には素晴らしいものがあります。 入学・入社占でいうと、一流大学・会社だからと言って、すべての人に東大がよいとは限らないし、その人の資質や能力にあっていないといけません。せっかく一流会社に入社しても、過労死なんてことにもなりかねません・・・・
 その点五行易は、究極その人個人にとっての吉凶が出ます。
今、このことについての吉凶なので、凶と出てもそのやり方手法を変えると、結果も変わります。この方法でだめなら方法を変えればよいのです。凶と出ても落ち込むことはありません。可能性は無限にあります。

綾華の四方山話

(おみくじとマレーシア旅行)
9月にマレーシアに行きました。マラッカの観光で、中国のお寺を訪れたとき、おみくじを引いた後「ホイ」という道具を投げて、「このおみくじの答えは正しいか?」をみて、正しいと出るまで何度もおみくじを引きなおすという説明を聞いて、五術の研修旅行で中国各地を訪れた時も同じ説明だったのを思い出して、文化の違いでしょうか?ちょっと面白いなあと思ったことがよみがえってきました。
 クアラルンプールでは、建築ラッシュで、高層のビルがたくさん建築中でした。大きなモールもあちこちにありますが、週末にはどこも人でいっぱいです。
シンガポールから車で4時間ほどなので、物価の安いマレーシアに買い物にくるそうです。陸続きなので、外国という感覚があまりないのでしょうね。
日本からも、移住やロングステイの人が多いようで、イオンやコンビニ・ラーメン一風堂・無印・ユニクロ等々がありました。
ゆっくりとリフレッシュできて良い旅行でした。

綾華の四方山話

〔織田信長と占い〕
あるとき織田信長が庶民の間に占いがはびこるのを恐れて、いかに占いが当たらないかを証明するために、自分と同じ生年月日(当時時間まで合わせたかどうかは不明)の人を探させたそうです。そして、探し当てた人物は、乞食同然の下級武士だったそうです。そこで信長は、「占いが当たるなら自分と同じぐらいの武士であるはず」と言ったそうです。そのときその武士は「今はそうでも、これから先はわからない」と言い返したとか。その後、信長は本能寺の変で、惨殺されました。そのあとの下級武士のことはわかりませんが・・・・
 この生年月日時の同じ生まれの人の違いについては、宿命的要素は似ていても、その人の生まれ育った環境が大きく影響してくるということです。
 親に財産があれば、生活環境は自ずと良くなるだろうし、良い教育も受けられる可能性があります。現に東大生の8割り程の親が高収入だとも聞いたことがあります。たとえ親に甲斐性がなくとも努力して学力をつければ、セレブのご学友になる可能性も出てきます。社会に出ればそのような環境が役立つことがままあります。つまり自分の努力次第で運は開けてゆくということです。

綾華の四方山話

宿命と生き癖
運命学の「宿命」と人間関係心理学の「生き癖」について、よく似ている部分があるように思います。
わかっていても良きにつけ悪しきにつけ、ついついそうしてしまうことがあります。
「彼を知り、己を知らば百戦危うからず」といいますが、彼を知る前に己を知ることが大事だと思います。
自分を知らなければ、だれとも戦えませんし、他の人と比べてコンプレックスに悩み卑屈な人生を歩むことになりかねません。
自分らしく生きるという事は、簡単なようでなかなか難しい事のようです。
その思いを俳句にしてみました。
「宿命と 戦いつづけ 二月壬」
二月壬:春の季語で、寒くて長い冬がやっと終わり、春の訪れを感じ始めるころのこと。
宿命をしり、生き癖に気づくと、宿命を乗り越えて心豊かに過ごせ、春の兆しを感じられるのではないでしょうか。
(宿命は、四柱推命・紫薇斗数推命術で知ることができます)
お問い合わせください(お問い合わせは無料)


Side Menu

モバイルサイト

東洋五術運命鑑定所スマホサイトQRコード

東洋五術運命鑑定所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!